FC2ブログ

たしかなこと

思うこと
01 /31 2021
小田和正さんの曲です。



時をこえて、君をあいせるか。

本当に君を守れるか。

空をみて考えてた。

君のために今何ができるか。


(「確かなこと」より)



子どものために何ができるか。

本当に子供を守れるか。

今、この子たちのために自分が何が出来るか。

その都度考えて、かんがえて、



子育てってその繰り返しです。。。
スポンサーサイト



今日も寝れません

病気のこと
01 /31 2021
この記事はブロとものみ閲覧できます

受検も勉強も資本主義の一つの形⁉

勉強、学校
01 /31 2021
この学校にいくには、偏差値いくつ必要で、内申いくつ必要で、

合格するには、テストで〇割とらないといけなくて、

そのためには、こういう勉強が必要で、

つきましては、お値段いくら必要で、、、、


子供が大きくなるにしたがって、こういう必要が出てくるわけで・・・

そのたびに思う。

受検も、そのための勉強も・・

やっぱりお金儲けの一つなのね。。

そりゃわかるよ。わかる。

それがいやなら、自力でやってみいって話よね。

地頭のよい天才なら、塾など行かずに自力で現役でいい学校合格できますよ。

でも、それはごく一部の超天才。

それ以外の凡人は、必死にお金をつかって、

子どもに勉強をさせ、なんとかかんとかやっていく。



やっぱり、受験というかなんというか、

子どものうちから、過当競争がある感じがするなあ。

小学受検やら、中学受験やら、高校受験も、大学受験も、

学習方面のお勤めの人はほくほくなのかなあって思う。

子供の数が減ってても、競争は激しさを増す。

おおらかにいきたいけど、世間や社会の流れに流されて、

もがいてもがいて、結局社会のレールに乗っていくという自分。

世間にあらがうってことができず、

先生の面談でも、顔色みて、子供の足引っ張らない様にって

親の採点が子供の内申に響くかなとか(あくまで想像)

子どもはそんな親の心子知らずで、

のんきに過ごしておりますが、

そんなのんきな今の今も、みんなが競争してるのよ~。

一体いつ気が付くやら。。


話それました。

結局、受験競争も、勉強も、資本主義の一つの形なのかなあって思ったのでした。。。

受験ってなんだろう

勉強、学校
01 /30 2021
子どもを、競争にかきたて、

偏差値という座標で、優劣をつけて、

偏差値によって行く学校を区分けして、

あそこに入ったからできるこ、エリート、

ここならダメな子、

そんな子供の物差しをつくる、

そういう受検という制度はいったいなんなんだろう。。。

下の子の受験どうなる❔

勉強、学校
01 /30 2021
この記事はブロとものみ閲覧できます

ちゃちゃ入れマンデー

日々のこまごま
01 /30 2021
私も子供も大好きな番組が、ちゃちゃ入れマンデー」

関西のおもろいこと紹介してくれる番組です。

ご飯にワンバウンドして食べると美味しい食べ物ダービー!っていうのやってて、

それを機会に、子供が、ごはんにワンバンしはじめた。

「今日はしょうが焼きかあ~。これはワンバンだな(^^♪」

だって(;^ω^)

チューリッヒさん

日々のこまごま
01 /30 2021
スイスのテレビみていた。

「チューリッヒさんって❔」ってきくから、

わらってしまった。

チューリッヒは都市ね(;^ω^)

体調悪し

思うこと
01 /30 2021
自分が精神のギリギリで生きているのは、昔も今も変わらない。

今日は辛くて、久しぶりの頓服を飲んだ。

塾のテスト、ほとんどテキトーって上の子がいって、

それでいいよ。受けるだけでいいよ。そう笑顔で答えたけど、

もっと頑張れっていったら、この子がつぶれてしまいそうだったから、

そういったけど、

それでいいともちろん思っているけど、

内心頑張ってほしい気持ちが隠れてて、

言葉と心の乖離が苦しい。

忙しくスケジュールを組む子供に、

そこまでさせていいのかとも悩む。

子育ては失敗したくないから、

最善のことはしてあげたいけど、

どんな選択が正しいのかもわからず、

努力も、結局自己満足なのかなとか思ったり、

苦しくなります。

子どもも心なしか元気ありません。

いっそ塾のテストは無しにするか、

また悩むんだろうなあ。

基礎をみっちりやってくれる塾ではあるけれど、

応用の入るテストには太刀打ちできない現実。

かといって、基礎をおろそかにして、応用に走っては、

どっちも理解できない。

文科省は、一律に、学力上昇を期待するけれど、

生まれつき、勉強に関しては出来る子と出来ない子がいて、

どんなに頑張っても、基礎を覚えるだけで精一杯の子もいる。

努力ではなく、生まれつきの特性なんだと思う。

不憫と思ってはいけないけれど、

勉強だけが全てでないけれど、

人生のかなりの部分を勉学がしめる現実が、不憫でならない。

陽の末裔

おすすめ
01 /29 2021
本が擦り切れるくらい読んだ漫画。

市川じゅんさんの「陽の末裔」。

私は、基本的に、女性の生きざまが好きで、

しかも努力してはいつくばって生きる人に感銘をうけるのですが、

この漫画は、まさしくそれ!

主人公は、二人いて、うのちゃんとさくこちゃん。

さくこちゃんは、持って埋まれた美貌で、男性を虜にして、

のし上がっていくタイプですが、

ここは、正直、自分はまねできない。

なんだかなあ、人を利用してって思う部分もあるのですが、

うのちゃんは、貧しいながら、勉学に励み、

理想の職業婦人に成長していって、

初恋に破れても、優しい旦那様とかわいい子供に恵まれて、

とにかく努力の人。

うのちゃんみたくなりたい~っておもったし、

私の希望していた出版にお勤めしていたのも、

憧れました。

文章能力がたかくて、当時珍しいフェミニズムにも精通していたうのちゃん。

すてきだなあって、何度も何度も読みました、

マンガ好きの友達に、この本泣けるよっておすすめしたら、

「主人公が強すぎて泣けないよ」って言われました。

たしかに、たくましい!

時代背景的に、戦争の辛い時期が含まれているので、

元気なときに読むことをお勧めします。



ちなみに、懐古的洋食事情という付属の漫画があって、

美味しい料理の漫画になってます。

こちらもおすすめ!

努力してなんとか一人前

思うこと
01 /29 2021
こんばんは。

今日は、昼は美味しいロールパンでホットドッグ作りました。

美味しかったです。

夜は、ちょうど材料があるから、ナポリタン。

トマトソースとケチャップ混ぜて作ります。

イタリア料理シェフの片岡さんのレシピです。

美味しくできました。


さて、私の人生、落ちるか落ちないかぎりぎりラインをすれすれで生きてる感じです。

なんどもつまづき、そのたびに立ち上がりました。

いじめも乗り越え、頑張って這い上がり、

なんとか就職しても、苦労がたえなくて、

資格とって、なんとかかんとか結婚して、再度働いて、

これもまたなんとかかんたとか妊娠して、なんとか無事出産できて、

子育ても、幼稚園でつまづき、離婚危機なんとか乗り越え、

病気を何度もして、その都度治療し、

やっとここまで来た感じです。



年もいって、人生の先輩になるかどうかわからないけど、

ちょっとした人生のつまづきで、大きく道を外してしまうケースってあるなあって思います。

例えば不倫やら買い物しすぎ、子供に辛く当たるなど、

それによって家族が崩壊したりも平気でします。

様々なブログでそういう人の人生をみるにつけ、

そうか~気つけないといけないなあって、思います。

(不倫に関しては、私は全くモテないので無理がありますが・・・)

必死に頑張って、よくよく考えて、まじめに誠実に、

そうやってやっとこさ、一人前になれるのが人生かなあってなんとなく思います。

過ちから学んで次生かすという方法もありますが、

次があるという保証もないので、今あるものをとにかく大切に大切に、

いつくしんでほしいなあって、若い人にいいたいです。


ただ、一つ、ここは、自分でも何ともいえないのですが、

辛くて辛くてしょうがない環境(例えば、仕事とか)

それを辛いのにはいつくばって守ることで、健康が悪化して、

最悪病気から抜け出せない可能性もあるので、

そこは、よくよく考えてですが、ムリはしないでほしいです。

なんでもかんでも守りがいいとは思いません。


私も、最初の職場をやめるとき、

次はここより悪くなるから、なんとしてもやめないほうが良いよって上司にいわれました。

結果、次の職場の方が居心地よかったです。

そういうケースもありますよ。


守るべきものは守り、そして、自分にマイナスなものは手放すって

そういう方向かなって思います。

himawari

現在病気療養中です。自分の体のために日々の生活を見直し、出来ることを一生懸命やっていくことをめざしています。