FC2ブログ

今日も不安

勉強、学校
06 /30 2020
身内のことが心配です。

辛いです。

自分になにか出来ないかと思うけれど、

何も出来ないのが歯がゆいです。


上の子が、スマホ投げつけて壊してしまったとのこと。

イライラすると、モノに当たってしまって、

本人もそれがよくないとわかっているのですが。

人に当たるよりいいけれど、スマホは高いだけに・・・

もう、スマホもパソコンも一生使わないからって、いじけてます。

怒るのも逆効果だし、

イライラの原因を聞きました。

教科書おいてきて勉強がすすまなかったって話だったけれど、

それは直前の出来事であって、

根本にもっとなにかあるのではないかなって思いました。

勉強がむずかしくて、プリントを書き写す作業が追い付かないって話していたので、

学校の勉強やら、環境の変化やらが原因のように感じます。

お小言でなんとかなるわけでもなく、

見守りながら、話をきいて、場合によっては解決策を一緒に考えるしかないかな。


今日も、いろいろありました、

あれも、これも不安で、体調面は芳しくない。

ヘルパーさんに、大丈夫っていってもらいました。


子どもは私がずっと支えていこうってなんとなく今日思いました。

病気にならないように、アルバイトやパートでいいから、なんらか社会にでれるように。

その前に高校だな。

わたしは、成績にあった専門過程の高校もあるよって進めたけれど、

地元の進学校に通うっていってききません。

頑張るとなると、成績が思うように上がらなかったりした時のストレスが半端ない。

もともと繊細で、ストレス貯めやすいタイプ。

頑張るっていうなら応援はもちろんだけど、

どうしようかなってそれも不安です。
スポンサーサイト



元気に帰ってきました

病気のこと
06 /29 2020
子供もどってきました。

さっきは、思い詰めてたけど、

元気に戻ってきて安心しました。

持ってった提出物だすのわすれたっていってたので、

これから、どうしたらそういうミスなくなるかなって一緒に考えました。

せっかくもってったのにちゃんと探さなかったからって、本人も悔しがってた。

プリントは毎日整理することって自分で解決策をだしてました。

解決策を自分で考えられるようになったのは成長。あとはそれが実行できるように。


都道府県の名前、漢字が書けなかったっていってたので、

今日また復習するようにいいました。

ベッドの上でやってたので、机でやるよういいました。

下の子にも、早めに宿題するよう声掛け。


こういったことが、過干渉なのか、それとも手をかけてるのか、

判断が難しいのですが、

心配性なので、あれこれいってしまいます。


今日は、健康で文化的な最低限度の生活の漫画を読んでました。

好きな漫画なので、全巻そろえました。

子供が自立できるようにするのが、最終目標。

そうなるまであきらめず頑張ります。


働くのは、もっと落ち着いてから。

作業所からスタート。就労支援、それから障害者雇用。

長い道のり行くしかないですね。

クローズで働くj道もありますが、

そこまで体調を維持するのが難しい。

多分、自分の場合、ばれるでしょう。

子供が大きくなったら、ある程度、自分の使うお金は自分で稼ぐようになりたいです。


お薬のもうかな。

でも、もっとひどいときに飲んだ方がいいのかな。

夜はお好み焼き。

昨日は、夏のシャブシャブでした。

美味しかったです。


お父さんもいないし、子供たちは子供部屋でのんびりしているから、

なんとなく、一人です。

当たり前ですが、話相手もいません。

ブログにこんなに綴っていても、

読んでくださる方に負担だろうに、

心がふさいでいるときほど書いてしまいます。

大抵暗いです。

自分が嫌になります。

褒めないといけないんですよね。

頑張ったってね。


こんなに弱くて、今後生きていけるのか、

自分のことが不安です。


子どもに悪影響がないかも不安です。

実家のことも思い出します。

自分の子供には、同じ思いはさせたくないから、

子どもに精神衛生上負担はかけられないですね。

母親の機嫌に左右される生活は苦痛ですから。



病気の方のブログは、みなさん苦労されています。

生きるのに一生懸命です。

息をするのも一生懸命です。

いろいろな方のを読ませてもらって、

人生は正解はないからって、みんな自分で考えて自分で生きてるからって、

言い聞かせてます。

頑張りすぎず頑張りましょう。

やらないといけないこと

病気のこと
06 /29 2020
休薬期間まで、あと少し。

疲れがたまってるものの、大丈夫。

お腹がいたくて、何度もトイレいったりはあるし、

動くと疲れる。


今日は、訪問看護さん。

頑張りすぎずって話でした。

がんばってるつもりもないけど、

やらないといけないことって、やっぱりある。

生きていると、やっぱりやらないといけないことあるんだ。

必死でこなそうとしているだけ。

色々かさなって、疲れがたまってるんですね。

そういわれて、涙でたけど、

だからといって、やらないでいいわけでないから、

やっぱりやるしかないわけで。

疲れて疲れて。

身体もつかれてるけど、それ以上にメンタル的に疲れてる。

頑張ろう。

人生終わるまで、やることをひたすらやるだけ。


子どもにあれこれ、失敗しないようにいってしまうって話した。

これするといいよ。こうしたらいいよ。

でも、失敗することで、子供はこれしない方が良いな、これした方が良いなって学ぶよって言われて、

ハッとなった。

何もしないのは、ネグレクトだけど、

いいすぎたら、過干渉。

その程ぐあいがむずかしい。



あと、自分は、何ができるのか、

考えて、本当に自分にできることってないんだなって気づいた。

ボランティアでも、仕事でも、

頭も体も働かない。

直ぐ疲れるし、打たれ弱いし、

なにより、メンタルがひどい。

やらないと行けないことすらできてないから。

しんどい。

今日は心もつらいけど、

もうすぐ子供が帰ってくるから、笑顔にならないとまずいけない。

働けない自分

病気のこと
06 /28 2020
働かなきゃ。

子どもに示しもつかないし。

障害者雇用探さないと。

学校関係もしっかりやらないと、

家事も、子育てもしないといけない。

全部しっかりしないといけない。


それなのに、

身体がとっても辛いんだ、。

人と接したら、生じるであろう被害妄想がとっても辛いんだ。

負けてはいけないんだけれど。

辛いんだ。


抗がん剤もあと休薬期間まで少しだし。

抗がん剤は、前よりとっても楽だし、

メンタルは、、、どうだろう、

辛いかなあ。



働いて、家事して、育児して、学校関係をしっかりやる。

自分の希望はこれだけ。

家事や育児は家庭の中だから苦痛はないのに、

外にでる、人と接するのはとってもとっても辛い。

これを克服しないと、

社会にでれない。

無理して、入院するのは避けないといけない。

子どもの世話が滞る。周りに迷惑もかける。

なんとか悪化せずに、社会復帰できる方法ないものか。


考えても、考えても答がでない。。。

人間の関係

思うこと
06 /28 2020
家父長制とか、資本制とか、よんでいると、

人間の中に、制度をつくると、

なんとなく、パワーバランスが生まれるという気がする。

人間の価値が平等なら、

人間同士の交流も同等でいいはずだけど、

そこはやっぱり、面倒見る人と見られる人がいれば、見る人側がどうしても強くなる。

子供が親に逆らえないのがいい例。

なんとなく理解できる。

雇う側と雇われる側があれば、雇う側が強くなる。

それもわかる。



近年、パワーバランスが、人間の性質によって決まるかなあっていう気持もしてきた。

あれている子供とその親。

同僚なんだけど、気が強いひとだから、気をつかうとか。

家庭でも、養われている奥さんの方が旦那様より強いケースも多い。


家庭でも、学校でも、ある程度、パワーバランスを一定の人に集中しないと、

やっぱり集団は安定しないのかなあ。

それってやっぱり悲しいなあ。

人間同士が尊重しあって、お互い思いやってってできたら、

人間同士の関係に制度なんてものいらないのになあ。

人間の価値

思うこと
06 /28 2020
人間は、頑張って、何かできることによって、自分の価値を上げていく。

そういう価値観で生きてきた自分、

病気になって、病院にかかるうちに、

能力以前に、人間、みんな同じ価値があるって教わった。

その二つの考えに揺れている。

考えれば、考えるほど、社会のヒトの価値って、ダブルスタンダード。

子育てにも、二つの価値観を織り交ぜてしていると、

自分でも理解不能な、難しい言い回しになってしまう。

例えば、

頑張れば、それだけ理想の高校に近づくよ。

でも、そこにはいれなくっても、あなたは貴方の価値がある・・・みたいなね。


学校の授業やら、いろいろ、

頑張りなさいって、それが学生の仕事だからっていいながら、

障害持ちならそれはそれでその子のペースでいけばいいのよって。


育児も矛盾している自分。



考えてみれば前者の考え方、

古くから、日本の社会ではおなじみで、

古くからある学歴主義、労働の市場化から生まれる能力主義、

労働者の賃金は、その人の能力によってきまるというもの。

そういったものを、日曜日の討論番組とかで、よく著名人やら政治家やら

言ってたなあ。

今必要なのは、学歴だけじゃない、物事の解決能力と、コミュニケーションスキルと、

そういう言葉は、今も変わらない。

がんばって自分向上させましょう、自分の能力をあげて、価値を上げましょう。

女なら女子力アップでいい男ゲット。男子なら、いい職業ついていい生活ゲット。



障害を持った今の自分には、まぶしすぎる言葉の数々。


そういうものはポジティブに語られるけど、

それも裏からみると、そういう能力の無い人間は落ちていくよって、

そういうネガティブ要素を暗に含んでいるってことになる。

相模原殺傷事件が真底こわかった。

なんでかわからないけど、無性にこわかった。

人間の価値が能力できまるなら、価値ないやついるよなって、

極論でとらえる人がいるのがきっと怖かったんだ。

そして、それにNoをつきつけながら、

命の重みは人間同じって説きながら、

そうなる風潮を生む元凶は調べず、

そういう屁理屈が生む土壌は調べず。。


社会がなんらか生きづらさを感じていて、

勝ち組、負け組なんて言葉がうまれるくらい閉塞感があるって、

障害をもつから感じることなのか。。。


人間の命の価値はきっと同じ。

それはあくまで変わらない。

だけど、人生は平等ではない。

だからなるべく苦労はしてほしくないから、

無難な人生のレールを外れず、無難に小中高大って頑張ってほしいし、

就職もして、結婚もして、子供も産んで、子育て頑張ってって、しごとも頑張って

そういう幸せを選んでほしいという親心。

レールを外れるということは、人にはない能力をもった超人でないなら、

苦労するってわかっているから、

平凡な人間は、レールに乗るほうが安全だとなんとなく気づく。


多様性を叫ばれながら、やはり、皆と同じ道を選んでしまう小心者がこの世の中結構いて、

自分も、その中の一人。


人間の価値は同じですよ。

そういう言葉がとっても嬉しかったから、

やっぱり人にはいうけれど、

人生の一般的なレールに乗るには、

その価値感では生きていけなくて、子育てにずっと悩んでいる。


社会ってやっぱり矛盾しているよなあ。

頑張らない生き方

思うこと
06 /27 2020
今日はおでかけした。

とはいっても、買い物だけど。

出かけた時は本当に楽しかったのだけど、

かえってきて疲れた。なんだか気持ち悪い。

抗がん剤が蓄積されてきたのかな。

疲れて、へとへと。

メンタル的なものでないのは明らかで、多分身体がいっぱいいっぱい。

やっとこさ、いかめし作った。

あとはご飯でおしまい。


さて、今日はお父さんに話した。

頑張らず生きること。

子どもにも必要以上頑張らせることはしない。

いい学校いかなくても、元気ならなんらかいきていけるけど、

わたしの様に病んでしまったら、その後生きるのが難しい。

それが痛いほどわかるから。

頑張らせすぎて病んでしまうことは避けたい。

わからないけど、お父さんは頑張って駆け抜けるタイプ。

子どもはお父さんの様にはいかないと思う。

お父さんがそれを聞いてどう思ったかわからないけど、

自分なりに深く考えた結論だ。

子どもは自分のペースで生きればいい。

細々とでも生きていければいいと思ってる。

だから、自分も子供も頑張らないわけだから。

お父さんも頑張らなくていいし、好きに生きればいいって伝えた。

家族の犠牲に生きてほしいとも思わない。

自分の人生、自分の思うままでいいと思う。

わたしも細々といきればいいかなって思った。


不登校の人数は毎年あがってる。

精神疾患の人数は400万人超えてるというデータもある。


あきらかに、社会が頑張りすぎ。

逃げ場が精神病院と考えたら、

逃げられない、病院にかかることをためらっている人は、またいるだろう。

潜在的な患者数はわからない。


生きることがまず第一。

それから自分なりの幸せを見つけること。



家族の関係がうまくいかないことを機能不全家族っていうんだよ。

わかりやすく話した。

機能不全家族は、子供に悪影響。

でも、頑張りすぎている家庭に、ストレスが溜まって、

家庭がうまくいかないケースがよくみられるように思う。

頑張っているのだから、何も悪いことはない。

でも、ストレスから家族に当たってしまったり、家庭内がぎすぎすしてしまったりして、

家庭が居場所になってしまっては、

結局誰も幸せにならない。

家族が笑顔ならそれでいいと思う。

人生の成功者は頑張っても一握りの人。

そこまでのし上がるのをよしとする人生もあるけれど、

身近な幸せを探す人生もあっていい。


これは、あくまで私の意見で、

子供や旦那様がそれにどう思うかはわからないのですが、

そして、その子育てが成功かもわからないのですが、

きっと、子供が自分で必要と思えば自分で頑張るだろうし、

親がはっぱかけてやらせるより、いいかなって思った。


機能不全家族なんて、案外多いのではないかと思う。

自分を無理して作っている人も多いのではないかな。

頑張りすぎなくていいんだよっていいたい。

うちの家庭もいつかは壊れるかもしれないけれど、

今は、家庭を守りたいから、

家庭が笑顔でいられる方法を探したい。

むずかしい本

思うこと
06 /27 2020
この記事はブロとものみ閲覧できます

先生が心配してるよ

日々のこまごま
06 /27 2020
「先生がね、お母さんのこと心配してるよ。」

子供が話してくれた。

精神疾患と癌と両方というのは珍しいらしい。

「私のことも心配してるよ。」

子どもにストレスがかかってないか、確認してくれた。

多分、うちは、先生の間でも、要注意人物になってると思う( ;∀;)

でも、色々心配してくれて、確認してくれてありがたい。。。

豪華すぎてうれしい( ;∀;)

日々のこまごま
06 /27 2020
病院の後、都心へでた。

お父さんが時間あるから、ごはん食べようっていってくれたから。

はっきり言って、こんなことない。

一人で入るには、ちょっと高いところに行きたいからって、

誘ってくれたらしい。

行ってみたら、なんと、ランチ2000円(゚Д゚;)

食べてみたらとっても美味しい。

ありがとう( ;∀;)

himawari

現在病気療養中です。自分の体のために日々の生活を見直し、出来ることを一生懸命やっていくことをめざしています。