FC2ブログ

体調不良でした。

乳がんのこと
04 /04 2021
しばらく、体調不良で、ブログがかけませんでした。

きのうは、きりきりとおなかが痛んで、食べたら即下痢がとまらない。

お腹いたいよ~ってずっと寝てました。

朝は、なんとかパンとご飯を用意して、各自食べてもらい、

お昼は、お父さんと子どもたちで食べてきてもらいました。

自分用にはインスタントラーメン、湯がくだけなんでたべました。

夜は、しっかり作れました。

疲れて、昨日は夜のお薬飲む前に、バタンキューしてしまいました。

しかも、実家の辛い想像がでてきて、

(妄想ではないですよ)

過去の事考えて、涙流しながら寝てしまいました。

しっかり寝れているわけでないのに、体は動きません、。

どれだけ時間がたったか、ふと起きて、時間みたら、深夜1時はん。

いそしで薬飲んで、クスリが聞くまでテレビみて、

そのまま、朝まで、こたつでうとうと寝てました。

深夜に飲んだ睡眠薬が残っていて、朝がおきられなかったけど、

今朝は、下の子を塾に送りに行く予定があったので、

8時頃、よいしょって起きてきて、もう着替えただけで、マスクしてでかけました。

不思議と、おなかはもういたくなかったです。

そのついでに朝ごはんに喫茶店いって、

帰ってきたら、昨日できなかった洗濯物や洗い物をまとめてして、机ふいたり、

色々して、テレビをみたら、今になりました、

ここ数日疲れと体調不良が続いていて、

やっぱり、精神薬と睡眠薬と抗がん剤とホルモン治療の4つのお薬は体に来てるんだなあっておもいます。

抗ガン剤はあと1か月でやっと終わると思います。

(先生にきいてみないと)

それだけでもうれしい。

あと少し頑張ります。
スポンサーサイト



すきで病になるのでない

乳がんのこと
02 /18 2021
病の人に対して、

彼らは好きで、病を選んでいるという記事を立て続けによみました。


病気になれば、面倒見てもらえるから、

病気になれば、かわいそうって思ってもらえるから、

病気になれば、人から気にかけてもらえるから。。。


癌は、細胞の不具合でおきます。

統合失調症は、脳の不具合です。


癌も統合失調症も、本人の希望にそってなる病気ではありません。

こういう記事を読んだ人が、

例えば、癌の人にたいして、好き好んで癌になったんでしょとか、、

統合失調症の人に対して、病してて得よね。だから病をてばなさないんじゃないとか、

そういう見方を持ってしまうのを、危惧しています。


なりたくて病になる人はいませんし、

癌も統合失調症も、思った以上にしんどい体験です。

楽してるわけではないのです。

誤った見方をしている記事をみても、

それをうのみにしないように、

どうぞお願いします。

正直、かんがえることもやることもいっぱいです

乳がんのこと
02 /04 2021
あれも、これも、それも、大切だし、でも大変だし、

今はいっぱいいっぱいです。。。


がんばらなくていいんですよって、

よく精神疾患の人のブログに書いている。

でも、生きていれば、やらないといけないことばかり。

やりたいことだけやればいいんですよって、

それじゃ、家庭がまわれない。



スピリチュアルとかもいろいろ読んだけど、

きれいごとばっか。



ダイエットと、食生活の管理と、

子どもの勉強と、学校生活に、習い事いろいろ、

これから、受験もある。。。

上手くいかなかったら、自分の頑張りがたりないのかと、

多分、自分を責める。。

どれも大事な仕事、

手抜けない。

死にたかった自分が生きたいに代るまで

乳がんのこと
01 /13 2021
作文形式です。長いので、

よっぽど、興味がある人だけにしてください、


私は精神疾患だ。命を自ら絶とうとしたこともある。

そんな自分は、命がかりに貴重で有限だとしても、自分の命に価値があるとは認められなかった。

いつ死んでも構わなかったのだ。

当然、検診なんてものは毎年スルー。毎日に疲れ果てて、検診なんて余裕はなかった。

精神疾患は、毎日が自分の体調との戦いだ。

おととしの話。調子がたまたま良かったので、久しぶりの検診を受けてみた。

軽い気持ちで受けたのだけれど、待ち時間で、自分の胸をさわってドキッとした。

大きなしこりがある。私がよばれて、マンモグラフフィーの番だ。

先生は、「あなただけ、ちょっとエコーを受けてください。安いから、ね!」っていったから、

やっぱりなんかあったんだ。ぞわぞわした心がドキドキにかわる。

数日後、案の定検査機関から電話があり、「今すぐ乳腺の病院にいくように」と。

検査結果は普通郵送なのに、私には電話がかかってきたということは、自分は至急案件なんだ。

市で一番おおきな乳腺外科にいった。細胞診が行われる、かなり進行したガンだった。

そのとき、家族の顏が浮かんだ。悔やんでも悔やみきれない。自分は小さな子供残してしぬのか・・・

「自分のメンタルと向き合うのに必死すぎて、体のメンテナンスがおろそかになってました。」

その言葉に嘘はないけれど、半分本当だとしても、半分は言い訳だ。

検診に行かなかったのは自分で、自業自得なのだ。

一時は死を考えた自分が、いざ、死に向き合うとすごく動揺した。小さな家族を残して死ぬことへの不安。

死後の子供たちは❔シングルファザーとなるお父さんはどうする❔

命は決して自分だけのものでない。そこにはともに生活する人がいて、

人間は、だれしも、誰かに必要とされている。

自分だけの命でないのだ。

自分はやっぱり生きないといけないし、生きたかったのだ。

手術が昨年一月行われた。術後の検査結果は、ステージⅢc。

「あと半年遅かったら、命が危なかった」と先生はいう。

生きるのにいっぱいいっぱいで生きるのが辛い人は今、とても多い。

社会情勢のせいもあるだろうし、社会の殺伐とした雰囲気もあるのかもしれないし。

生きるって大変だ。

でも、命なんて縮めてもいいから、検診を伸ばしのばしにするのはやっぱりやめてほしい。

命は欲しいときに必ずあるとは限らない。そう感じて、今も私は抗がん剤をしている。

やっぱり命が惜しいから。

私の様になってほしくないから。

だからお願い。検診は定期的に。

傷つく言葉

乳がんのこと
12 /26 2020
がんになって、傷つくことば。

「なんで、もっと早く検診いかなかったの❔

私は毎年みてもらってるよ」

精神疾患になって、病と向き合うのでいっぱいいっぱいで、

自分の身体のメンテナンスなんて、おろそかになりがち。

元気な人と違うんだって、

言葉をぐっと飲みこんだ。

死にたい気持ちを抱えていたなら、

万々歳って思う人もいるかもしれないけれど、

やっと元気になって、検診にも普通にいけるようになったら、

ステージ3の癌だったなんて、

結構ショックなんだよ。。。

himawari

現在病気療養中です。自分の体のために日々の生活を見直し、出来ることを一生懸命やっていくことをめざしています。