FC2ブログ

環境を変えるのではなく、環境を整える

病気のこと
05 /09 2021
病の人に環境の変化はいけないとよくいう。

ただ、私が思うに、自分によりよい環境になるのであれば、

変化があったほうが、より体調がよくなるのでは。



幼稚園で孤立した自分は、死にたいといって、

心療内科にかかり、不安神経症といわれ、クスリを飲むよういわれました。

薬をのまなかったのは、いけなかったのですが、

この段階で、辛い妄想はでてませんでした。

それから、実家に帰ることになって、

子どもをつれて、2か月半滞在したときに、一気に体調が悪くなります。

実家では、家族からノ旦那様の悪口を耳にし、私も同調して、一緒に悪口いってました。

そして、悪口を言っている間に、妄想が出現。

夫婦仲はあっという間に悪く成ってしまいました。

旦那様はアスペルガーで一緒にいるとおかしくなるって私の兄弟にいわれ、

洗脳を受けた自分は、旦那様にも、あなたはアスペルガーだって、いいがかりをつけて、

口論になりました。

心療内科の病名は、しばらくは不安神経症でしたが、

実家をでて、夫婦仲のよくない旦那様と一緒に、実家の近くのマンションにうつって、

たしか、自殺しようとして、妄想性パーソナリティ障害になりました。

病名も、症状も明らかに悪化しました。

ここまで、私の環境は、実家にうつり、旦那様の夫婦仲の変化もあり、

悪い方向に変化していたのです。

自殺しようとして、心療内科の先生は、

私の両親に、「実家から一歩もださないように24時間見張っていて下さい」といったそうです。

環境の悪い実家に24時間缶詰にされたことで、さらに体調は悪化し、

外に出ようとしたり、叫んだりするようになりました。

実家は、私にとっては鬼門だったのを、心療内科はわからなかったのです。


心療内科の先生は全く良くならないどころか、どんどん悪化する私の体調に困ってしまったのでしょうか。

祖の心療内科の母体となる大きな精神科の病院に入院するよう2回くらいはなしがありました。

最初のときは、手足をしばられて、個室に閉じ込められると脅されたこともあり、

抵抗しましたが、

2回目は私も観念して入院に同意しました。

これが転機になりました。



ここから、辛い妄想がすっかりとれて、

したがって、夫婦仲も元通りよくなり、

病名も、妄想性障害とかわり、

パーソナリティ障害は脱しました。

(人格障害の名がとれたことはホッとしました)


夫婦仲の良くなったあとの、旦那様との生活は快適になり、

身体は疲れやすくて、動かなくなるなどありましたが、

次第に良くなってきました。・


このあと、数年間は、少しずつ良くなっていくのですが、

関西への引っ越しという大きな転機があります。

環境の変化は、良くないといわれてますが、

関西にいくことで、実家から離れた自分は、どんどん体調がよくなって、

お薬卒業していいですよっていわれるまでになります。

もう治ったと思って、本当に喜びました。



しかし、私は自分を過信し大きなミスを犯してしまいます。

関西のはじめの主治医は理解のある人で、私の病の原因が実家にあることをわかってくれました。

それなんで、手紙でのやり取りにして、実家にいったりとかはやめるよう言われていました。

それなのに、良くなったからって、夏に実家に帰省してしまいました。

薬をやめた上に、悪い環境に自分から飛び込んだわけだから、

実家であっという間に妄想がでてきました。

統合失調症の陽性症状だったのだと思います。

涙がとまらないうえに、主治医は遠い関西にいます。

なんとか関西に戻って病院にかかっても、後の祭り。

手の施しようもなく、戻って1週間くらいたって、再入院になりました。


よりよい環境だと症状はでないのですが、

辛い環境だと再発します。

なので、環境の変化が一概に悪いというより、

よりよい環境に整えるための変化だったら、うけいれて、

環境が悪化する場合は、やめとく。

これが鉄則かなって、

自分の体験から思いました。


ちなみに、実家も、夜ご飯食べに行くとか、2時間くらいの滞在なら大丈夫なようで、

泊るなど、24時間だと再発しました

なので、悪い環境なら、少しの時間でおいとましますっていうのがいいです。

自分の鬼門を理解するのが一番大切かなって思いました。

スポンサーサイト



カフェでひとり

日々のこまごま
05 /09 2021
上の子の習い事についていって、

ついでに一人カフェお茶して帰ってきた。

緊急事態宣言が出ていることもあり、

カフェは私一人だった。

のんびりして、それから家族でランチしました。

昨日の記事を読み返して・・・反省

思うこと
05 /09 2021
親や兄弟が原因で、大人になってからぐれたり、精神疾患なったりとか、

そういう書き方していて、気分を害した方がいるかもしれないって思い、

再度、書きます。

親が原因だったり、兄弟が原因だったり、家庭環境のせいの場合も確かにありますが、

100パーセントとはいいきれません。

学校のいじめが原因の場合やら、仕事の環境が悪くて発症する場合もあるし、

交際相手やら、結婚相手からの影響がある場合もあるでしょう。

環境因子は家庭だけではないです。

そうやって考えると、問題行動やら精神疾患の原因を家庭だけにしてしまうことに、問題がありました。

申し訳ありませんでした。

辛いけど、頑張っていかないと。今日もネガティブ

思うこと
05 /08 2021
今日もしんどい。。

夜は、ラーメンを作ることにした。

ほうれん草、ネギ、メンマ、チャーシューいれる。


まだ頑張らないと。

もし、子供が精神やんだり、問題行動がおきたりしたら、

多分、自分のフォローが足りないからだって自分で自分を責める。

だから、子供が自分で幸せをつかめるまで、

(仕事についたり、結婚したりなど)

しっかり見届けないといけないから、

やっぱりまだ死ねない。

人生って長いなあ。

もう知らない。。心の底では親にはもう絶望感

思うこと
05 /08 2021
辛いとき、困っているとき、

(小学校のいじめの時とか、元気なくても大丈夫?の一言もないし、

成長過程で様々な問題がでてても気づかない。

子どもの問題にはノーサンキュー。

わからないことを母に聞いても、全部兄弟に聞きなさいの一言)

つらいっていう心に寄り添ってもらえてなかった。

しらんぷり。。

そういう親だから、

もうしらない。。

himawari

現在病気療養中です。自分の体のために日々の生活を見直し、出来ることを一生懸命やっていくことをめざしています。